スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目ヤニと、お口と、ぽっこりお腹

  • 2015/05/25(月) 22:19:39

最近、目ヤニが多くなったとは思っていたんだけどね。
目ヤニを取る時の嫌がり方が、今までとは明らかに違って痛そう。
乾いていない目ヤニが、ちょっと血が混ざってる?ように見えてね。
お口トラブルがあるので、歯茎の状態が悪化してるのか・・・と病院へ。


目ヤニは歯茎が原因ではないらしく、涙の腺が炎症を起こしているんだろうとの事。
お口の中は、そろそろ抜歯したほうがいいものが下に1本あるって。
かーちゃんは、上の歯だと思っていたんだけどね。
歯石取りすると、増える可能性は大きいんだろうけど。
院長に「何を優先させる?」って言われたから、「口臭なんて後回しでいいから、プリンがシンドイほうを優先に治して」とお願いしたよ。
院長は我が家のお財布事情を知っているし、シニアになったプリンの治療について「治らない治療はしないけど痛かったり苦しい事は軽減させてほしい」って伝えてあるから、なんでもかんでも治療しようとは言わないのね。
今は腫れているし、涙腺の炎症もあるから、1週間抗生剤を飲んで腫れを引かせてから考えようって。

院長は、お腹の張りの方が気になるって。
今日の体重は4・6キロだったから、少しだけど減り続けてる。
お口の状態が良くないのが体重が減ってる原因になってる可能性もあるみたいだけど、やっぱり内臓のどこかが影響してるのかな。

037_20150525210327535.jpg


今日処方された抗生剤は、カプセルでね。
人間と同じだから、大きくてね。
カプセルを開けて飲ませるんだけど、結構詰まってて。
院長は砂糖に混ぜれば舐めちゃうだろうって言うんだけど、たぶん無理だと思ったので<あんこ作戦>にしてみたよ。
粉末を少量ずつに分けてあんこで包んでみたんだけど、カプセルの中身が多いから大変。
1週間飲ませきる事が出来るかなぁ。
プリンは用心深いから、あんこが多めになっちゃった(笑)
これで、体重が増えるなんて事になればいいんだけどね。

痛みや苦しさだけでなく、お薬の飲ませ方など、プリンへの負担が少なくなるようにかーちゃん頑張るよ。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

いろいろ出てくるなぁ

  • 2015/04/04(土) 22:37:04

またまた、お久しぶりです。

最近食欲にムラがあって、日中元気がない事も多いプリン。
口の状態が悪いから食べ難いのか、心臓とかの影響なのか。
後ろ足がふらつくのを見る事も増えました・・・。

今日、病院へ行ってきました。
心臓の状態は、かなり不安定なようで、心筋梗塞を起こしてもおかしくない状態だそうです。
食欲は心臓からくるものだそうで。
抜歯の心配より、心臓の事が優先だと言われてきました。
プリンは気管も細めらしく、心臓に負担がかかると呼吸もつらくなるようです。
体重も4.72キロで、ちょっと減ってました。
心臓の治療の為に注射、飲み薬も変更に。
足の状態も診てもらったら、膝が緩くなってる状態なので関節の注射もしてもらいました。
リスクが低いからって、狂犬病の注射も済ませてきました。

帰宅後は、利尿作用がある注射を打ったのでおしっこは大量でしたが、あとはよく寝てました。
夕飯は注射の効果が出たのか、薬を含めて残さずモリモリ食べてくれたよ。
かーちゃんが夕飯食べてたら、<ちょうだいビーム>を出してたので、ちょっと安心したよ。

院長が、「来週は気温が下がるから、調子悪くなると思うから注意して」って言われてきたんだよね。
院長の予想って、嬉しくない事に当たるんだよなぁ。
予想が外れますように。


一昨日、かーちゃんが外に出ようとすると一緒に行きたがるし暖かかったから、河原の桜をみてきたよ。
062.jpg

歩かせようとしても動かないから、カートか抱っこだけどね。
057.jpg

シニア世代になり、来年は一緒に観られるのかな、あと何回一緒に観れるのかと切なくなったり。
来年も一緒に行くぞ!




にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

心配なこと

  • 2014/12/20(土) 22:18:10

先週の事になります。

プリンの首を触った時に、しこりを見つけました。
翌日病院へ行き、まずは触診。
院長からは「リンパが腫れてる」と言われ、エコーと血液検査。
咳やくしゃみが増えたのは、心臓じゃなくてリンパ?
現時点では、そのしこりに血液が流れていないのでエコーだけだと悪性ではなさそう。
でも血液検査では炎症の数値が出ていないから、悪性の可能性も否定できない。
ただプリンの場合、毎日抗生剤を飲んでるから炎症の数値が出ないのかもしれない。
今は良性でも、ガン化のリスクは高い場所・・・。
あとは、針を刺して細胞診するか、悪性リンパ腫だったら肺に転移する事が多いからレントゲンをとるか。
院長からは「飼い主さんは、病名や死因を知りたがる。この歳と心臓の事を考えれば、明日死んじゃう事だってある。だからどんな病気であっても、老衰なんだよ」ってよく言われてる。
この時も言われた。

プリン家の家計は、正直厳しい。
院長も、その事は知っています。
病気が分かったところで、治療するお金がないのです・・・。

院長からは「気付かない飼い主さんも多いのに、お母さんみたいな心配性の人のほうが気がついて急いで連れてきて、どうしよう・・・どうしようってなるんだよな」って言われた。
月に1回程度しか通院してないのに、毎回のように顔を合わせる人達の話しになってね。
「落ちついていれば、話しだけして何も治療しない時もあるんだよ。それで飼い主さんが安心してくれれば、僕は良いと思ってる」って聞いてこの人凄いよって思ったよ。
「人間が嫌いだから獣医になったのに、飼い主は人間なんだよな」って言う人なのにね。
再診料をとらない病院なのにね。

とりあえず、様子をみることになりました。
かーちゃんは、小さくなってくれるのを祈るのみ。
診察の最後に「ここに連れてこなくてもいいから、室温を一定にして。基本、一日中。このコは寒くてもエアコンを点けられないんだよ。それだけでも、長生きできる」って言われてきた。
特に寒くなると、どの飼い主さんにも室温の事を言ってるの。
院長の希望では、27~28度なんだよ。
プリン家ではそこまで出来ないけど、改めて室温を意識しようと思ったよ。


かなり暗い話しになっちゃった~。
ごめんなさい。
プリン自身は、ご飯をモリモリ食べて立派なうんちして、ワンワン鳴いたりかーちゃんのストーカーしたりして、へそ天で寝てたり・・・いつも通り過ごしてるよ。
前回の記事以降も、またホームセンター行ったし。
004_201412202212443d3.jpg

情けないかーちゃんだからウジウジしたりメソメソするけど、プリンがいつも通り過ごせるように頑張るよ!






にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村




プリンの口の中

  • 2014/07/15(火) 21:26:02

今日は、プリンの病院へ行って来たよ。
先日抜歯したところは、なんとか落ちつきつつあるようです。
でもね、<心配な歯>の状態はイマイチで、抗生剤を続けなくちゃダメみたい。
口腔内用の軟膏を併用して、様子をみるしかないって。
最近、毎週通院してたけど、2週に1回通院でOKをもらえたよ。

体重は4.85キロ。
なんとなく、抱っこした感じが軽くてね。
最近のプリンの体重は、減り出すとあっという間だから気を付けないと。
かーちゃんは、手量りでチェックするよ。


病院から帰ったプリンは、へそ天で爆睡だよ。
体調が悪くて苦しい時は、暗い隅っこに丸まって寝るんだよ。
へそ天出来るのは、落ちついてるって事かな。





にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

また抜歯

  • 2014/07/03(木) 21:51:27

今日は、午前中に受診。
前回はかーちゃん自身の事でちょっと焦ってしまったけど、今日は冷静な状態で院長判断してもらったよ。

プリンの場合、抜歯だけではなく上顎の骨も削らないとダメらしいのね。
他にも不安な状態の歯があるけど、抜くほどではない。
不安な歯も近いうちに治療は必要になるだろうけど、なるべく残そうという院長の考えだから、その時はなんとかしてくれるって事だからね。
状態のよくない歯は、今のうちに抜歯したほうが、骨を削るのが浅く済むかもしれないって事で今日やるって決まりました。
今年2回目・・・。
院長の「年内に治療が必要になる」っていう悪い予言は、当たりました。

承諾書を書いてる間に、あれれ?奥の入院してる子たちの部屋に連れて行かれてたYO!
頑張って~なんて言う間もなく。
日帰りだし、かーちゃんみたいなタイプには、これで良いんだろうなぁと思ってます。


夕方、お迎えに病院へ。
抜いた歯をもらってきましたが、根っこがだいぶ黒くなってました。
前回の抜いた歯よりは、キレイだったけどね。
麻酔をかけた時に心電図をとってもらえるようにお願いしておいたので貰ったら、いつもとは全く違っていていたよ。
いつもプリンは心臓痙攣中?(病院に緊張してる)っていうような小刻みな波形なのに、高い山(R波)がハッキリ分かって、看護師さんも「間違えたかと思ってビックリしましたよ」って言うくらい(笑)
院長から「ごはんは軟らかくせずに、いつも通りあげて。おやつも食べていいから。普通に食べて問題あるなら、治療方法を考えるから。明日、消毒しながら確認するから来てね」って言われてきましたよ。
お会計してる間に看護師さんに抱っこされて出てきたプリンは、何事もなかったような表情でキョトンとしていて。
かーちゃんが抱っこしたら、我に帰ったのか興奮状態だったよ。
車に乗る前におオシッコさせようとしたけど、興奮したまま車の方へ行っちゃう。


帰ってきたら安心したのか、大量のおしっこ。
夕飯も、脾臓のためのビーツも、お薬もあんこに包んで、おやつも食べたよ。

006_20140703203459a53.jpg

↑↑↑ 
今のところ、お顔の腫れもなくみえます。

いつもの通りの夕方のスケジュール?をこなしたら、やっと落ちついたみたい。
やっとお口の中をみたら、歯茎は思ったよりキレイ。
ただね、歯石をとって<他の心配な歯>がハッキリ分かりましたよ。
また抜歯などの治療が必要になるだろうけど、少しでも長く残せるようにかーちゃん頑張るよ。


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。